MENU

鼻のニキビ跡が出来てしまう原因

鼻のニキビ跡

 

鼻のニキビがなんとか治ったと安心していると、凸凹感がいつまで経っても消えていないことに気付いたという方はいませんか?

 

鼻は顔の中心で、どうしても目に付きやすく目と同じく顔の印象を左右する部分です。なので、なんとしてもニキビ跡は消したいものですよね。

 

しかし、鼻は皮脂量が多く、毛穴の奥が深いことから、特に皮脂が溜まりやすい場所。

よって、中々お掃除も難しいのが悩みのタネです。

 

鼻のニキビ跡を改善するならまずは原因を知り、根本的な治療を行う必要があります。

 

 

鼻にニキビが出来る原因

 

もともと鼻は、他の顔の部分と比べて、皮脂量が多い場所です。さらに、鼻の毛穴は奥が深いことから、皮脂が毛穴に溜まりやすい場所ともいえるのです。

 

そんな鼻に対して、細菌のついた手で触ったり、紫外線の刺激を受けたり、油分の多いファンデーションを使用したりすると、お肌のターンオーバーの周期が乱れ、古い角質がはがれずに肌表面に厚く溜まってしまいます。

もともと鼻は皮脂の分泌量が多いところなので、尚更、毛穴が詰まりやすくなりがちで、ニキビもできやすいといえるのです。

 

様ざまな要因の中でも主なものは以下の3つでしょう。

 

  • 皮脂分泌
  •  

  • 鼻を掻いたり刺激を与える
  •  

  • ファンデーション

 

以上の3つの鼻の頭のニキビの原因となってしまいます。

また鼻の頭は案外洗顔を忘れがちな部分です。新たなニキビを作ってしまい、これ以上ニキビ跡を増やさないためにも洗顔時にはしっかりと鼻の頭も洗うようにしてください。

 


鼻のニキビ跡を消す方法

鼻のニキビ跡を消す方法

 

鼻ニキビができた時、毛穴の黒ずみを無理に除去しようとした結果、深いニキビ跡になってしまうことがあります。

 

このニキビが治った後にできてしまうニキビ跡の凸凹は、どうしても気になってしまうものです。

凸凹している状態というのは、皮膚組織が壊されてしまっている状態。一度皮膚組織が壊されてしまうと、自然治癒で完全にキレイな状態にするのもむずかしいといわれています。ただ、凸凹を薄くすることはできます。

 

 

セルフケアでは難しい!?

 

ニキビ跡の種類の中で最も悩ましいのがクレーターといわれる皮膚の陥没です。

 

そのにきび跡のクレーターは、強い炎症によって皮膚が破壊されることで発生します。

 

ニキビ菌を殺菌するために白血球が発生させる活性酸素が皮膚を破壊してしまうことで、真皮層のコラーゲン線維などが強く損傷し、萎縮した瘢痕を形成することでニキビ跡の皮膚がクレーター状に凹んだ状態になってしまいます。

 

 

まずは試したい!レチノール配合の美容液やクリーム

レチノール配合美容液&クリーム

 

鼻の頑固なニキビ跡には、レチノール配合コスメを利用するという方法もあります。

 

ビタミンA誘導体であるレチノールは、肌の角質を柔らかくして、新陳代謝を促し、肌のターンオーバーを促進する効果があります。

また、浸透力が高く、真皮層の繊維芽細胞を活性化し、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進する働きもあります。

 

また、この高濃度レチノール配合コスメと、アクネローションを併用すると、より効果的だといわれています。

 


鼻のニキビ跡を治すなら化粧水も重要

 

毎日のケアが重要なニキビ跡ですが、実はニキビ跡にもタイプがあります。

 

それぞれ原因や状態が異なるため、タイプにあったケアをする必要があります。

 

 

ニキビ・ニキビ跡全体をケアできる化粧水の条件

肌トラブルが起きがちな状態から、健康でニキビを繰り返さない肌に導くのがポイント。目指すのはあくまで自信が持てる美肌です。ニキビやニキビ跡で悩まない肌を作るためには、次の3つポイント全てをカバーしている必要があるのです。

 

 

鼻のニキビ跡を消す切り札「リプロスキン」

リプロスキン

 

 

「肌を柔らかく健やかにする」という新発想でニキビ・ニキビ跡が気になるお肌をトータルケア!そんなリプロスキンはニキビ跡のケアならコレと言われるほどの実力派。

 

ダーマホワイトや酵母エキスなど、厳選された成分がニキビや跡にしっかりアプローチ。赤みや色素沈着にはもちろん、手強いクレータータイプのニキビ跡も目立たないふっくら肌にしてくれます。柔軟でモチモチなお肌にしてくれるので、跡が気にならない、ニキビを繰り返さない健康な美しさが実感できるはず。普段のお手入れにひとつ加えるだけの手軽さや、容量100mlとたっぷり使えるコストパフォーマンスの良さも魅力のイチオシアイテム!

 

→リプロスキンの公式サイトはこちら

 

※また化粧水と合わせて使いたいのがレチノール配合の美容液や美容クリームです。中でも鼻は意外と刺激が強いと刺激に耐えられない可能性もあります。

 

そんな場合はレチノール配合でも低刺激で設計されている目元用の美容液がおすすめです。

→こちらから人気のアイクリームを検索

このページの先頭へ