MENU

ニキビ跡はなぜ出来る!?原因と仕組みをまずは理解しよう!

ニキビ跡とは、ニキビ跡とはニキビが治った後に残る炎症後の色素沈着や、微小な瘢痕(はんこん)のことを言います。ニキビがよくなったと思ったら赤みが出たり、クレーターのようにボコボコになったりとニキビ跡に悩む女性も少なくないようです。

 

 

ニキビ跡ができる仕組み(メカニズム)とは!?

ニキビは、キレイに治るものとそうでないものがあります。これは誰しもが実感としてあるようです。それと同じように、ニキビ跡も数ヶ月程度で消えるものと、ずっと残ってしまうものがあります。

 

ニキビ跡になるものとならないもの、ずっと残るものとそうではないものの違いは炎症と炎症の悪化の程度によります。炎症が発生していない白ニキビ・黒ニキビの段階で治れば、跡は残る可能性は低くなります。(ただし、ニキビを不適切に潰して皮膚に大きなダメージを与えると、炎症前でもニキビ跡が残る場合があるので注意が必要です。)

 

しかし、炎症が発生してしまうとニキビ跡が残る確率が高くなります。この炎症を起こした時に発生した毛細血管からの出血や、細胞が破壊された跡。肌内部のダメージが皮膚を通して外側から透けて見えているわけです。

 

通常、人間の肌はターンオーバーで常に生まれ変わっています。表皮の最深部にある基底層で新しい角質細胞が作られ、それに押し出されるように古い角質はどんどん体の外側に向かって移動し、最後は垢となってはがれ落ちてしまいます。

 

ニキビ跡の個所も肌のターンオーバーによって消えていくのが普通なんですが、ターンオーバーが正常に機能しなくなると、ニキビ跡が残る原因となってしまうのです。

 

ターンオーバーとは!?

,

表情筋はもとより、肩ないしは首から顔方向に走っている筋肉もありますから、その筋肉が弱くなると、皮膚を支え続けることが不可能になり、しわになるのです。
洗顔石鹸で洗顔すると、普通の状態では弱酸性に傾いている肌が、瞬間的にアルカリ性になってしまうのだそうです。洗顔石鹸で洗顔した直後硬直するように感じるのは、肌がアルカリ性に変わったからだと言えるのです。
しわが目の周りにたくさんあるのは、その皮膚が薄いことが理由だと言えます。頬と呼ばれる部位の皮膚の厚さと比較すると、目尻もしくは目の下は2分の1、瞼は3分の1と極薄なのです。
実は、肌には自浄作用のあることが分かっており、ホコリ又は汗はただのお湯で洗ったらキチンと落とせると考えていいでしょう。必要とされる皮脂を除去することなく、お肌に悪影響を与える汚れだけを除去するという、真の意味での洗顔を行
なうようにしましょう。
生活している中で、呼吸のことを考えることはほぼありませんよね。「美肌に呼吸が影響するの?」と不思議に思われるでしょうけど、美肌と呼吸は切り離して考えるべきではないのは今や明白です。

敏感肌といいますのは、肌のバリア機能が極度にレベルダウンしてしまった状態の肌のことです。乾燥するのは勿論、痒みとか赤みみたいな症状が出てくることが特徴だと考えられます。
ニキビができる誘因は、世代によって違ってくるようです。思春期に額にニキビが発生して苦悩していた人も、20代になってからは丸っ切りできないというケースも多く見られます。
一年中忙しくて、あまり睡眠時間が取れないとお思いの方もいるのではないですか?とは言っても美白を望むなら、睡眠時間の確保を意識することが大事になってきます。
目の近辺にしわがありますと、間違いなく見た感じの年齢をアップさせてしまいますから、しわが元で、正面を向くのも恐ろしくなってしまうなど、女の人からすれば目の周囲のしわは大敵だと言えるのです。
肌が乾燥したために、表皮層からも水分が消失してしまうと、角質が剥がれ落ちなくなり、厚くなるとのことです。そのような肌の状態になってしまうと、スキンケアを一所懸命やっても、大切な成分は肌の中まで到達することはほとんどなく、
効果もないと考えて間違いないでしょう。


ニキビ跡の原因と仕組み
ボディソープの決定方法をミスってしまうと、現実には肌になくてはならない保湿成分まで取り除けてしまう危険性が潜んでいます。それがありますから、乾燥肌に有用なボディソープの決め方を紹介させていただきます。
「乾燥肌と言うと、水分を与えることが大事ですから、誰がなんと言っても化粧水がベストソリューション!」と信じ込んでいる方が多いようですが、驚きですが、化粧水が直に保水されるということはないのです。
乾燥が理由で痒さが増加したり、肌が粉っぽくなったりと嫌気がさしてしまいますよね?そんなケースでは、スキンケア製品を「保湿効果を謳っている」ものと変えてしまうのは当然のこと、ボディソープもチェンジすることにしましょう。
慌ただしく不必要なスキンケアを施したとしても、肌荒れの驚くべき改善は考えられないので、肌荒れ対策を行なう時は、確実に状態を見定めてからの方が利口です。
肌がトラブルに巻き込まれている時は、肌は触らず、生まれ乍ら有している治癒力を向上させてあげるのが、美肌になる為には要されることになります。

 

 

 

皮膚の構造とニキビ跡の関係

 

表皮

表皮は皮膚の最も表面にある部分で、いちばん表面が角質層、一番深い部分を基底層と呼ばれています。

 

表皮では、基底層で表皮細胞が生み出され、その表皮細胞がだんだん上に押し上げられて、やがて死んだ細胞である角質細胞となり、アカとなって排出されるターンオーバーが繰り返されています。角質層で肌が絶えず入れ替わることによって、健やかな肌や潤いが正常に保たれているのです。表皮は肌の潤いを保つとともにバリアとなって外的刺激から肌を守ってくれますが、表皮の基底層に存在するメラノサイトが活性化しメラニンを大量に作り出します。このメラニンによって、主に薄茶色のニキビ跡ができます。

 

真皮

,

しわが目の周囲にできやすいのは、その皮膚が薄いためだと言われます。頬を構成する皮膚の厚さと対比させると、目の下とか目尻は2分の1、まぶたは3分の1と言われています。
肌荒れを治すつもりなら、毎日規則的な暮らしをすることが必要だと思います。その中でも食生活を再確認することにより、体全体から肌荒れを正常化し、美肌を作ることがベストだと思います。
通例では、シミはターンオーバーにより皮膚表面まで浮き上がってきて、その内剥がれ落ちるものなのですが、メラニン色素が過剰生成されると、皮膚に留まってしまいシミに変わってしまうのです。
新陳代謝を円滑にするということは、全組織の働きを向上させることだと言えます。わかりやすく説明すると、壮健な体を築くということです。元来「健康」と「美肌」は同義なのです。
ニキビに見舞われる要因は、世代別に変わってくるのが普通です。思春期に広範囲にニキビが生じて苦心していた人も、25歳も過ぎる頃からはまるで生じないという事例も少なくありません。


ニキビ跡の原因と仕組み
このところ、美白の女性が好きだと言う方が増えてきたらしいです。そのような背景が影響してか、大半の女性が「美白になりたい」という希望を持っていると聞きました。
基本的に熱いお風呂の方が断然好きだという人もいるはずですが、異常なくらい熱いお湯は肌にはマイナスで、肌の保湿成分と指摘されている脂分を急激に奪ってしまうので、乾燥肌の中心的な要因になると聞いています。
我々は各種のコスメティックと美容情報に囲まれながら、一年中目一杯にスキンケアに勤しんでいるわけです。さりとて、そのスキンケアの実行法が適切なものでないとしたら、かえって乾燥肌に陥ることもあり得るのです。
スキンケアを実行することで、肌の様々なトラブルも未然に防げますし、メイク映えのするまばゆい素肌を我が物にすることができるはずです。
思春期ニキビの発症又は激化をストップするためには、毎日毎日の生活全般を点検することが必要だと断言できます。是非頭に入れておいて、思春期ニキビが発生しないようにしましょう。

洗顔石鹸で洗顔した直後は、いつもは弱酸性のはずの肌が、少しの間だけアルカリ性になるとのことです。洗顔石鹸で洗った直後突っ張る感じがするのは、肌がアルカリ性になっているためだと考えていいでしょう。
真面目に乾燥肌を正常に戻したいなら、メイキャップはしないで、3時間経過する度に保湿を中心としたスキンケアを行なうことが、何よりも重要だとのことです。とは言っても、実際的には難しずぎると考えます。
透明感漂う白い肌のままでいるために、スキンケアにお金を使っている人もかなりいるはずですが、現実的には信用できる知識を身に付けたうえでやっている人は、ごく限られていると感じています。
表情筋は勿論、首または肩から顔の方まで付着している筋肉もありますから、それが“年をとる”と、皮膚を支え続けることが困難になり、しわが生まれてしまうわけです。
ニキビに関しては、ホルモンバランスの異常によるものだと指摘されていますが、睡眠時間が不足していたり、ストレスの多い環境にいたり、食生活が劣悪だったりというような状況でも発生するものです。

 

 

 

また真皮層にできるニキビ跡は皮膚科学的には微小瘢痕と呼ばれており、炎症によって皮膚の真皮層が破壊されてできるクレーター状のものや、血管がダメージを受けて血液が周辺組織に流出して発生する赤黒い色素沈着などがあります。

 

皮下組織

皮膚の3層構造のうち、もっとも内側にあり、表皮と真皮を支えているのが皮下組織です。
皮下組織は大部分が皮下脂肪で、そこに「動脈」や「静脈」が通り、皮膚組織に栄養を届けたり、老廃物を運び出したりしています。
また、クッションの役割をして外部からの刺激や衝撃をやわらげたり、熱を伝えにくい性質から断熱・保温のはたらきをしたり、エネルギーを脂肪のかたちで蓄える役割もあります。

 

ニキビの炎症が皮下組織にまで到達して損傷を与えると、かなり高い確率でクレーター状のニキビ跡やしこり状のニキビ跡ができてしまいます。このタイプのニキビ跡は、残念ながら完治させるのは大変難しいと言われています。

 

 

皮膚は「ターンオーバー」や「バリア機能」など、自ら健やかな美しい状態を保持する力を備えています。

 

それが何かの理由でターンオーバーが乱れ、通常よりもサイクルが長くなったり古い角質が剥がれ落ちていかないため、ニキビ跡が残りやすくなっている状態となるのです。ニキビができたら放置せず適切な処置を施して早期に治すことが大切です。

このページの先頭へ